■TOPに戻る  
                   
   
   
   
   
■遠州の花形の特徴に戻る        
       



生立華は初期の頃、神仏への献花・供華としての性格を残していました。そのため、一枝一葉に祈りをこめて生けられたと考えられます。

生立華の構造は、大自然の山嶽美を理想化したものです。つまりその姿は、大自然が遠く近くに展開する景をさながら連想させるものです。

             
   
   
生花や盛花は、いけるといい、決して生花を立てるとはいいません。つまり、生立華は立てることを原則とし、大自然の美とその心を表現しようとする花なのです。

   
   
遠州の生花の流麗な美しさは、流内外に知れ渡っていますが、その生花は、生立華から生まれ、生花の天・地・人の三枝の基本概念が盛花、投入花の様式を生んだのです。

   
   
     
                             
遠州華道会本部
〒601-1123
京都市左京区静市市原町719-31
TEL 075-721-7831
FAX 075-721-7833
email honbu@ikebana-ensyu.com
          ■ もっと詳しく知りたい方は、
  書籍を販売しております
               
遠州正風宗家 芦田一馬のご紹介ページです