■TOPに戻る  
                   

       
         
         
         
■変格花矩、曲いけについて
■戻る
       
     

 

遠州では、「薬研配り」(やけんくばり)という花留めを用いるところに大きな特徴があります。
この薬研配りは薬草を砕いて粉にする道具(これを薬という)にヒントを得て考案されたといわれます。
遠州の生花では、花材が配り(花留め)にしっかり留まっていることが最も大切な要件とされます。足元がしっかり留まってなければ、遠州特有のゆたかな曲線をあらわすことができないからです。

 
     
     
 
くさび撓めは遠州の最も代表的で、最も多用される技のひとつです。
のこぎりで切り目を入れたところに、別の枝から切り出した「くさび」をはめこみ、曲線をだします。

 
           
遠州華道会本部
〒601-1123
京都市左京区静市市原町719-31
TEL 075-721-7831
FAX 075-721-7833
email honbu@ikebana-ensyu.com
        ■ もっと詳しく知りたい方は、
  書籍を販売しております
 
                 
遠州正風宗家 芦田一馬のご紹介ページです