■TOPに戻る  
          ■華展情報ページへ  
                     

2008年01月25日 献花風景

菅原道真公の誕生日6月25日、薨去の2月25日に因み、毎月25日は、天神さまの御縁日として錦天満宮で、献花をしております。

11月25日には、秋季大祭が行われ、遠州宗家 芦田一馬が献茶いたしました。

■京都・錦天満宮
京都府京都市中京区新京極通四条上る中之町537

錦の天神さんと呼ばれ、親しまれています。
祭神は、学問の神様、菅原道真。
桃山時代、豊臣秀吉の都市計画にかかり、天正年間に現在地に移り、以来400年間、この地に御鎮座している、繁華街唯一の鎮守社です。
境内には、四季の花が咲き、末社として「安産塩竈神社・日の出稲荷神社・白太夫神社・七社(八幡神社・床浦神社・市杵島神社・熊野神社・事比良神社・竈神社・恵美須神社)」などがあり、京の名水として名高い「錦の水」が、地中より湧きだし、もらい水の人が後をたちません。

                 
       
 
 
遠州華道会本部
〒601-1123
京都市左京区静市市原町719-31
TEL 075-721-7831
FAX 075-721-7833
email honbu@ikebana-ensyu.com