■TOPに戻る  
            ■華展情報ページへ  
                     
                     

京都いけばな西安人民政府と中国花卉(かき)協会の招聘(しょうへい)で、京都いけばな協会所属の十一流派の先生方と、京都府知事、京都市長の親書を携え、芦田一馬宗匠を団長として「第二回中国杯挿花花芸大会」に参加しました。京都いけばな協会の「華道京展」が60回の記念展を開催するのに合わせて、その記念事業として招待出瓶されたのです。
20年程前に西安市園林局の女性2名を、日本のいけばなの勉強のため芦田一馬宗匠がいけばな指導をされていたのが今回のご縁につながりました。
宗家がお世話した呉雪萍女史は西安市園林局の副局長になっており、彼女のはからいで、西安での花展も開会式から祝宴も楽しく過ごすことができ、団長としての西安市副市長との会談も無事に行われました。
この花展にはアジア各国から多数の出品があり、それぞれ個性ある作品が展示されました。そして日本の作品には特別賞として『ベスト・グッド・デザイン賞』を頂きました。

 
西安市副市長と会談する芦田一馬団長
                     
         
遠州華道会本部
〒601-1123
京都市左京区静市市原町719-31
TEL 075-721-7831
FAX 075-721-7833
email honbu@ikebana-ensyu.com